Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






水夏A.S+.とダ・カーポの英語版発売決定? | 海外エロゲ・ノベルゲーム: Overseas visualnovels
※アップ後にタイトル表記を米国版→英語版に変更しました。理由は後述。


http://www.mangagamer.com/

ほーう。どうやら、Circusの水夏A.S+.とダ・カーポの英語翻訳版が、新規パブリッシャMangagamerから出ることになった模様。

Circusは以前から米国AnimeExpoに出展してたので、ある程度予想できた動きとはいえ、既存の米国エロゲ出版社ではなく新しい会社をおったててきたのは興味深い。

よく知らないんだけど、曲芸って単体で海外展開できるだけの地力を持ってる会社なんだろうか。あるいは別のエロゲメーカーも一枚噛んでたりしてないのかな。なんにせよ、久々に楽しみなニュースだ。


追記:
ふうん。Animegamer.com自体は、もともとアニメコミュニティか何かのドメインだったみたいですな。
どういう過程でCircusと繋がったんだろ?
http://www.virtualinfusion.net/showthread.php?t=496


追記の追記:
実はこの海外版自体、D.C.インターナショナル版とかで始まる新たな曲芸商法の前振り、という線は?(笑)


追記の追記の追記:
http://www.mangagamer.com/hentai/Titles/List
なにげにアレですよ。7/3正式オープンにも関わらず、もう作品リスト閲覧できますよ?(笑)
上記アドレスの内容が正しいとして、上記2作以外に予定されている作品は以下のとおりの様子。
OVERDRIVE:エーデルワイス
Liquid:魔将の贄
Liquid:僕の牝秘書は同級生
Liquid:凌辱ゲリラ狩り
SCORE:さっきゅば☆SOON
PSYCHO:姉妹丼
PSYCHO:美味しい棒が2本
Tarte:ひなたぼっこ

メインはNEXTON系ブランドみたいですな。
体験版まで普通にダウンロードできるのは、抜けているというか何と言うか。


追記の追記の追記の追記:
間違いの訂正。Mangagamer.comは、米国系じゃなくてどうもオランダ籍の企業のようです。ソフトの価格もユーロ表記。
オランダからなのに英語版、というのは法規制の緩さを見込んでのことなのだろうか?それともメイン市場は欧州圏で、英語オンリーでも売れる自信があるのか?謎はつきない。


追記の追記の追記の追記の追記:
すみません。ひとつ作品抜けてたみたいです。
Liquid:魔将の贄
を追加。
------------------------------------------------------------
【2008/07/01 10:56】 | トラックバック(0) | コメント(5) top↑






米英恋愛ゲーム市場への新たなる刺客(候補)、その名はアイデアファクトリー | 海外エロゲ・ノベルゲーム: Overseas visualnovels
from Tokyopop messageboard
http://messageboard.tokyopop.com/forums/showthread.php?t=12650

《アイデアファクトリーの乙女ゲーム》

ハロー。

僕の名前はスティーブ・トドロキ。アイデアファクトリーっていう日本のゲーム会社に勤めているんだ。そこで僕らは、シミュレーションRPGとか、漫画・アニメ原作、あるいはオリジナルのADVなんかを作ってる。

これでも日本じゃあなかなか売れてるんだけど(20000本以上かな)、日本の外にはほとんど展開していないんだ。というのも、米欧ベースのパブリッシャはそういうゲームに需要がないと思ってるからね。で、トーキョーポップのみんなに聞いてみたいんだけど、それって本当なのかな?

今、僕たちは、そういうゲームを翻訳して、僕ら自身の手で売れるかどうかを模索してる。特に、少女マンガスタイルのゲームを(米英に)売り込みたいと考えているんだ。どうだろう。見込みがあると思うかな? みんなの意見を聞かせてくれないか。

拝聴ありがとう。
※口調は、自分の考える乙女ゲーム男キャラのそれ。何か間違ってるような気もしないでもない。


……ア、アイデアファクトリーの……乙女…ゲーム……?

や、やめろッ! 無差別殺戮兵器(IF恋愛ゲーム)の国外持ち出しは国際法で禁じられているはずだッ!

いや、気になる書き込みなのは認めるけどまたよりにもよってなぜIF。何かの間違いじゃないのか?実はIFって国外で人気だったりする?気を落ち着ける為にGamespotのレビューを見てみよう。6点。6点。4点。3点。よーし安心した。この悲劇的なレビュー点は自分の知ってるIFだ。間違いない。

売り込みたいと思ってるのはきっとこれなんだろね。
http://www.famitsu.com/game/news/2007/04/10/103,1176205024,69955,0,0.html
確かに、桜蘭高校とふしぎ遊戯は下手なタイトルより知名度の点でアドバンテージがあるとは思うが。ますます「ジャパニーズレンアイゲーム≒boring」の図が強化されそうな気がひしひしと。う、うわあああん。
------------------------------------------------------------
【2008/06/27 12:28】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






米国産恋愛ゲーム Shira Oka 紹介ムービー イベントスケジューリング編 | 海外エロゲ・ノベルゲーム: Overseas visualnovels
毎度おなじみ米国産恋愛ゲームShira Okaの紹介映像。Okashistudiosのスタッフは今週、GDC, ゲームデベロッパーズカンファレンスに出席するとのことなので、それに合わせたプロモーションの意味もあるのでしょう。今回の内容はヒロインとの個別イベントについて。


 

基本的にはときめも系の定番スケジュールシステムのようだけど、デートの日程を自分から指定できるのはありそうで案外珍しいかもしれない。変な日を選ぶと断られることもあるとか。他には時間制限選択なども。


日本の電気屋さんに来るのは初めて、と留学生のアリスさんもご満悦。携帯電話の上の棚に大型テレビを置いてる電気屋を見るのは自分も初めてですが。地震が来たら落ちるぞ(笑)

主人公:「じゃあ、はじめて記念に、今日は僕の奢りだよ」

アリス:「そうね、この店には、ロボットの犬とか、噂に聞くハイテクウォシュレットは売っていないのかしら?」

主人公:「うーん、ウォシュレットのことはわからないけれど、ロボ犬ならきっと探せば置いてあると思うよ」

アリスさん、デートで便座をプレゼントされて嬉しいのか貴女は?(笑)
------------------------------------------------------------
【2008/02/19 23:25】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






英訳版同人ゲーム True Remembrance 公開 | 海外エロゲ・ノベルゲーム: Overseas visualnovels
聖バレンタインデーに合わせて、同人ノベルゲーム、True Remembranceの英訳版が発表されました。

tr2.jpg


英語版:http://trueremembrance.insani.org
日本語版:http://true-re.sakura.ne.jp/true1.htm

同人ゲームの英訳プロジェクトは過去にも例がありますが、今回特筆すべき点は、この作品が原作者完全監修である、というところでしょう。普通の翻訳プロジェクトでは、基本的に、既にある物に対して翻訳者が自身の解釈を持って違う言語で構成し直す、いわば訳者の解釈に頼りがちになる部分がありますが、True Remembranceでは、原作者の里美しばさんが英文を読める方であったため、訳者の文章に対してまた原作側からコメントが入る、双方向形の翻訳プロジェクトとなりました。

実は、自分もお休みさせて頂く前に、ほんのちょっとだけテストプレイのお手伝いをさせて貰っていたのですが、原文とはまた違った英版独自の視点を盛り込んだ部分もあったりして、一度プレイされた方は違いを探してみるのも楽しいかもしれません。

英語云々は抜きにして、単体作品としても非常に高い完成度を持っていますので、プレイした事のない方は、この機会に一度、ご体験してみては如何でしょうか。
------------------------------------------------------------
【2008/02/14 21:29】 | トラックバック(1) | コメント(0) top↑






Peach Princess で、英語版エロゲー発売希望タイトルを投票中。候補は『かにしの』『世界で一番NGな恋』『Bullet Butlers』。 | 海外エロゲ・ノベルゲーム: Overseas visualnovels
http://www.otakuism.com/bbs/viewtopic.php?f=14&t=4867&st=0&sk=t&sd=a&sid=4efa92f7f4756f0a2b8e710fb12b0540&start=50

もうタイトルで全て説明しきっているような気もしないでもないですが、北米で英語版のエロゲーを翻訳・販売しているPeach Princess系列で、どのタイトルを米国に持ってきてほしいかを問うアンケートを行っています。

今回の候補は
Pulltopの、『遥かに仰ぎ麗しの』通称かにしの。
Hermitの、『世界で一番NG(ダメ)な恋』。
そして、Propellerの『Bullet Butlers』の3点。

いずれも、過去Peach Princessに複数タイトルを供給しているWill系列のブランドのタイトルですが、今回はなかなか豪華な面子。最近日本語のエロゲにご無沙汰で正直なところ状況をよく知らなかったりしますが、そんな自分でもよく名前を聞くタイトルばかり。

現時点で人気を集めているのは、かにしのとBullet Butlers。どちらかと言えばBullet Butlersの方が頭一つ抜けているといった感じです。

一応念を押しておきますと、この投票の結果を見て、それから各ブランドと交渉を始めるはずですので、一番人気だったからと言って、そのタイトルの英語版が出ることが確定するわけではありません。ただ、2006年に行った同様の投票では票を集めたユメミルクスリが順当に発売された経緯がありますので、今回も同様になる可能性は十分高いのではないかと思います。

関連記事:初見でアメリカ人の感性に訴えるエロゲってどれ?
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/blog-entry-26.html
※ちなみに、上記にリストアップされていたCleavageは何故か別の会社からリリースされました。


自分はこのぐらい評判を聞くタイトルだったら、日本語版もやってないし、どれが出ても買ってしまいそう。また、同じくPeach Princessでローカライズ中の『PRINCESS WALTZ 』『家族計画』は今年5月、6月頃の発売予定だったはず。そろそろ予約にでも走っときましょうかね。
------------------------------------------------------------
【2008/02/07 09:39】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






Back | Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。