Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






Re:アメリカのアニメコンベンションでの、海賊版商品の状況について | 雑記 : Miscellaneous topics
from ULTIMO SPALPEENさん
http://willowick.seesaa.net/article/105664717.html

FaustのNISHIO先生チックに言うと、そこに『DANGER!!』と書かれたボタンが置いてあったので、押すのは危ないと分かってるので、つい押してみたくなった。そんな感じ。

一方そういった、オリジナルからの複製品ではなく、
アメリカで商品化が未ライセンスの作品をもとに、勝
手に作った商品――、Tシャツ、携帯ストラップ、キー
チェーン、バッジ、ウォールスクロールなどは、かなり
広く出回っているようです。
エリカさんの目にも、Otakonのディーラーズ・ルーム
で主に売れていたのは、そういったグッズばかりに見
えたそうです(あと、日本語が理解出来なくても、絵だ
けで楽しめる、成人向け同人誌も)。
未ライセンスの商品ですから、自分の好きな作品だか
らと、ファンがどんなにお金を注ぎ込んでも、作品を作
った側に、そのお金が還元されることはありません。
本来なら権利者に支払うべきライセンス料分までも
利益として懐に入れる
、どこかの海賊版製造業者が
儲かるだけのことです。
ただ、DVD以上に、そういったキャラクター商品の場
合は、正規品かそうでないのかその場で見分けるの
は難しいでしょうね。

や、しくへっどさんの言いたい事はよーく分かるし、基本ラインは同意するんだけれど。それでもあえてポチッと押しちゃうと、それって、コミケで公然と売られているものとどこが違うんだろう。

勝手にCマークつけるのとかは論外として、プロの業者に発注して、場合によっては数百個単位の物品を売り捌く個人サークルと、その海賊版製造業者との間に線引きができるかと言えば難しいところだと思うのだけれども。

……志が違う? 愛がない? そんなのどうやって他人が判断できるんだろう。

……利益を出すのが許せない? なら仮にその海賊版1個しか売れなかったら、突然大手を振って販売していい存在になるの?

どうも自分の中で理屈と感情が一致しないんだよなそこんとこ。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/08/30 00:02】 | トラックバック(0) top↑






トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/414-acc2d7d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。