Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






Watchmen | マンガ: Manga
たまにはアメコミでも。Lost Girlsで児童ポルノ作家としての批判とバッシング名声を一身に浴びた、アランムーア氏の代表作(笑)

WatchmenWatchmen
(1987/06)
Alan Moore

商品詳細を見る

物語は、引退したスーパーヒーロー達のその後、から始まる。若き日の栄光を懐かしみつつも、それぞれの日常を暮らしていた彼らの前に、かつての仲間の一人が何者かに殺害されるという事件が起きる。事件をきっかけに、それぞれの悩みは表面化する。問題を抱えているのは個人だけではなかった。核戦争による危機が迫り、世界終末時計が終わりの0時を刻まんとするその日、彼らは、事件の裏側に、かつて自らの信じた正義を、着々と進行させていたものの影がある事を知る。

核戦争目前の米ソ衝突という舞台背景を反映してか、自由と民主主義の国アメリカ万々歳、圧政と狂気の共産主義国家は滅ぶべし、といった描写が散見するのだけれども、いざスーパーヒーローの力をもって全面核戦争を回避した世界を達成してみたら、その様はまさに忌避すべき専制政治そのものでした。というのが毒々しい。作中でさりげなく繰り返し謳われる"Who whaches watchmen?"(世界の監督者は、いったい誰が監督するんだい?)という投げかけにもあるように、むしろジャンルのお約束事に疑問を投げかける作品でした。

少々残念なところといえば、中盤辺りまで人間くさい悩みが話の中心で、終盤で突然話のスケールが大きくなるので、至る過程の複線をいっぱい張ってあるのにも関わらず世界平和のくだりにどうにもとってつけた感が出てしまっていることか。

いやーしかし、20年前に描かれたとは思えんわこれ。深い深い。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/07/27 22:42】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






<<tororo団長に学ぶ実践英会話 | Top | Lost Odyssey/失落的奧賽>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/403-3ec6d867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。