Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






The New York Trilogy | 洋書 : English books
The New York Trilogy: City Of Glass, Ghosts, The Locked Room (Penguin Classics Deluxe Edition)The New York Trilogy: City Of Glass, Ghosts, The Locked Room (Penguin Classics Deluxe Edition)
(2006/03/28)
Paul Auster

商品詳細を見る

本文より:
My French was neither good nor bad. I had enough to understand what people said to me, but speaking was difficult, and there were times when no words come to my lips, when I struggled to say even the simplest things. There was a certain pleasure in this, I believe-to experience language as a collection of sounds, to be forced to the surface of words where meanings vanish-but it was also quite wearing, and it had the effect of shutting me up in my thoughts. In order to understand what people were saying, I had to translate everything silently into English, which meant that even when I understood, I was understanding at one remove-doing twice the work and getting half the result. Nuances, subliminal associations, undercurrents-all these things were lost on me. In the end, it would probably not be wrong to say that everything was lost on me.

一見したところ古式ゆかしい探偵小説。しかしてその実態はメタな切り口の実験小説。

一本の間違い電話から、一人の老人の尾行を依頼される作家の話「City of Glass 」。同じくマンションに住む男の見張りから始まる「Ghost」。そして消えた幼馴染の著作を巡る「The Locked Room」。

軽快で精緻に富んだ語り口に乗せて、小さな謎が新たな謎を呼び、話は思わぬ方向に展開し、読んでいる人は知らず幻惑に取り込まれ、虚実の海原にたゆたう。独立した3作は物語内物語の多重構造で連結し、登場人物は作中作を執筆し、その登場人物は現実に姿を現し、虚構と現実は混ざり合う、そして謎は謎のまま話は終わる。ちょっとまて、何も解決してないぞ。

作中で問いかけられる謎に明確な答えはないのです。だってこれは思索に誘うための物語なのだから。


読み終えた後にWikiを読んで知ったんだけど、この本とそのテーマ、「アイデンティティーの喪失」はメタルギアソリッド2の元ネタのひとつになってるのね。(両者には同名異設定でピーター・スティルマンという人物が登場してたりもする)

そう考えると、MGS2のあの、投げっぱなしでプレイヤーを困惑させる終盤の展開も、Austerの技法のオマージュとして納得できなくもないけど、……普通は気がつかんて。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/07/14 21:09】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






<<Lost Odyssey/失落的奧賽 | Top | 新興海外エロゲ販売会社MangaGamerについてのインタビュー訳:補足>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/402-fbd63fa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。