Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






荊の城 | 和書:Japanese books
荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫)荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫)
(2004/04/22)
サラ・ウォーターズ

商品詳細を見る

荊[いばら]の城 下 (創元推理文庫)荊[いばら]の城 下 (創元推理文庫)
(2004/04/22)
サラ・ウォーターズ

商品詳細を見る


いやいやいやいや。参った。例のごとく、なんかエロっちい本を読みたいなーと思ったのと、引越しの際に出てきた積読本崩しで読み始めた一冊。なんですかこの没入度。

不純な動機で読み始めたのに、今まで放って置いた自分を責めたくなるような素晴らしいミステリでした。この筋をバラすのは罪だ。いやもう、読んで驚け。雰囲気に酔え。

というわけで、本筋には触れるのはやめにします。触れるのは、主要登場人物のひとりである変態紳士。触れるっていうか触れすぎるって言うか「かわいいよ、いやらしいきみ」とかいいながらそそくさとスカートの中に手をつっこんで撫でさする、セクハラがスーツを着て歩いているような、そんな御仁。 しかも清清しいほどのド畜生。 話の主導権を握る序盤・中盤まで、これは何のポルノ小説だろうという最低な活躍っぷり。後半は別の意味で最低キャラになって2度おいしい。

や、変態小説だけど数年に1作読むか読まないかの傑作ミステリだったんですよ。変態小説だけど。

スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/06/22 13:48】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






<<Spore Creature Creator Trial | Top | I'd Tell You I Love You, But Then I'd Have to Kill You>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/393-17c55a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。