Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






Sins of a Solar Empire | その他ゲーム: Other games
かなり独特な手触りのある宇宙戦RTSゲーム、Sins of a Solar Empireをやってみました。

RTSの割りにあんまり手が忙しくなくて、むしろじっくり腰をすえてやるゲーム。というかけっこう1プレイに時間が掛かる。ビギナー用のランダムスモールマップ(1v1で惑星14個)でプレイしたら、Civilization4を1プレイするのと同じぐらい(6時間ぐらい)かかった。初めてだから効率悪くて時間がかかったってのもあるだろうけど、とりあえずは1勢力につき惑星4個か5個ぐらいの配分で十分な気配。

戦闘のテンポがまったりしているので、惑星軌道上の艦隊戦でも状況を見て考える時間が十分取れ、劣勢だと分かった方が全機反転して逃げたり、援軍が到着するまでの時間を稼いだりといったプレイが可能になっている。必ずしも殲滅戦にならず、被害10%とかで戦闘が終わりえるように設計されているデザインが、いかにも戦略物っぽくていい。

また、強力無比な大型戦艦は、俊足な戦闘機に全力で逃げられると追いつけず、大艦隊になればなるほど機動力が犠牲になるところもミソ。物量で上回らないと戦略拠点での正面衝突で負けてしまうが、戦力を集中しすぎると攻めては逃げる少数のゲリラ戦闘機に掻き回されてしまうジレンマが悩ましい。それに加えて、戦艦同士の追いかけっこが可愛い(笑)

グラフィック面に眼を向けると、完全シームレスなマップに驚かされる。戦艦レベルの表示から、惑星間マップまで継ぎ目無しに推移する。

この戦艦がいるのは
ss5.jpg
ss4.jpg
ss3.jpg
ss2.jpg
ss1.jpg
右上の辺境惑星なのです。

いやあもう、単発作でこれだけオリジナリティに満ち溢れて、かつ完成度高くまとめ上げられた作品を見せられてしまうと、心躍らざるをえないというものです。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/05/12 16:57】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






<<The White Darkness | Top | 3kgの壁>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/390-47c40f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。