Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






地球防衛軍3 de 接待ゲーム | 雑記 : Miscellaneous topics
しばらく会っていなかった友人がたまたま家に来まして、Gears of Warと、接待用ソフトとして当日購入した地球防衛軍3で一緒に遊んでみたんですが。自分のTPSに対する感覚が以前とは大分変わっていたことに気がついてちょっとびっくりしました。

最初に手をつけたのはギアーズ。操作を教えながらco-opのeasyをやったのですが、まず難易度どうのこうの以前に、まともに先に進めない。何でもない通路で一緒に進んでいたはずが、いつのまにか友人だけはぐれて逆方向に戻ってること頻発。全体的に暗めの画面の中で、どこが通路でどこが壁だかなかなか把握できない様子で、あからさまに敵に撃たれても敵の姿を認識できず、最後まで、丸見えの背後を敵に見せながら反対方向に隠れたりしてました。もともとゲームが上手いほうではない人なんですが、彼の中でギアーズの印象は確実に悪くなったと思う。すまん。

で、次に地球防衛軍3を試してみたところ、こちらは気に入ってもらえた様子。ロケットランチャーで蟻をぼこぼこ薙ぎ倒して楽しんでました。が、その一方で、自分は内心、いまいち面白くないなあと考えている(笑) 狙いどころの違いでダメージが変わったりしないし、そもそも敵が大きいので緻密に狙う意味があんまり無いし、どうも大味に感じてしまって仕方ない。こう、素早くピンポイントに狙いを付けてナイスショット! てな手応えを感じさせてくれないのが物足りない。いや、昔防衛軍1をやったときはもっと素直に楽しんだはずなのですが。

個人的には、ギアーズは十分初心者フレンドリーだと思ってたのですが、ゲーム慣れしてない人には想像以上に取っ付きの悪いタイトルだったんだなあ。というか自分の感性がいつの間にか彼と大きく乖離してたことに驚いた次第。別に防衛軍の出来が悪いとかそんな事を言うつもりはさらさら無くて、敵や進路が鮮明で、ややあからさま過ぎるほど直感的にわかるタイトルの方がこの友人のようなユーザーには受けが良いし、ライト向けとして正しい。ただまあ、洋ゲーが敬遠される根は深いねえ、と。ゲーム性以前のところに壁がある。個人差にもよるけど黒目の人間は明度の視認能力低いので、暗いタイトルはよく見えないんだよね。

防衛軍3の地下通路ではきっちり迷っていたけど、敵が見えなくても武器性能任せで倒せるところは大きい。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/02/04 18:13】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






<<Peach Princess で、英語版エロゲー発売希望タイトルを投票中。候補は『かにしの』『世界で一番NGな恋』『Bullet Butlers』。 | Top | またかい>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/360-551cdf90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。