Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






☆☆ The Polar Express The Movie : Trip to the North Pole | 洋書 : English books
こちらも英語初心者にお勧めスレッドから。

ある静かなクリスマスの夜、少年は不思議な機関車に乗って、北極を目指す旅に出る。

聞いた話によると、もともと有名な子供向けの本だったものが、映画化されて、その再ノベライズ版だとか。その辺の経緯は知らない上での感想。

はらはらどきどき、とにかく短い間に次から次へと展開が変わるテンポの良さが持ち味。不思議の国のアリスなどのような、理屈を超越したようなご都合展開を許容できる人向け。場面を想像しやすい描写力は、さすが映画が元になっただけはあるかと。

英語の難易度: ☆☆☆ 機関車と、氷雪関連の単語が結構手ごわい。"少年"の名前が述べられず、常に"the boy"と呼ばれるため、登場人物の読み分けには注意が必要。
お気に入り度: ☆☆ まったく面白くないわけじゃないのだけれど。私的にいまひとつのめりこめなかったかなぁ。



This is also from "Recommendable books for english beginner" thread.

A silent night on Christmas, a boy trips to the north pole on the locomotive.

I heard something like it's originally an children's book, and became a movie, then re-novelized. It's expression of person who don't know well about it.

Exciting and heart-pounding, the fast tempo just the situations change and change on each pages is the good point. It's for person who can admit convenient stories like Alice's Adventures in Wonder land. Imaginable descriptions are worthy inherited from the movie.

Difficulty of English: ☆☆☆ The terms of locomotive and ice and snow are tough. The protagonist is anytime called as "the boy" not his name, so note to distinguish each characters.
Degree of favorite: ☆☆ This book isn't dull but somehow I couldn't be having strong inclination toward it personally.
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2006/03/26 23:25】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






<<続・パイレーツ・オブ・オーストラリアン(?) : The Pirate of Australian Sequel(?) | Top | ☆☆☆☆ Sideways Stories from Wayside School>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/31-29e36afa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。