Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






北米漫画の関係者は語る | 雑記 : Miscellaneous topics
北米漫画※についてのあれこれが、いろんな方面で言及されてたのでちょっとまとめてみる。 (※横着せずにちゃんと表記すると、「北米で販売されてる日本漫画。一部、向こうの人が書いた米国産日本風漫画も含む」)

それぞれ個別の出版社からばらばらに引っ張ってきたリンクなので、関連性は基本的にありません。

■1冊の英語版エロ漫画に含まれるエロ成分
from Icarus publishing blog
http://www.icaruscomics.com/wp_web/

米国で日本のエロ漫画を翻訳出版してるイカロス出版の、平均的な$20の単行本を売った場合の利益配分:
45% 子売店
15% 取次ぎ
18% 漫画家
12-13% 印刷
3-4% 運送
7% 翻訳者とイラストレータとその他雑務担当と倉庫賃料と猫。

これだけ見ると、作者の取り分18%てすごいんだけど(一冊あたり400円!)。刷数が出てなければトータル収益も低いやなあ。というかこの配分で社員の方々は食っていけてんのか。あるいは翻訳者=イラストレータ=社長=猫だったらこの数値でも大丈夫な気もするが。

■擬音の置き換え
from squdioqt LiVE JOURNAL
http://studioqt.livejournal.com/38451.html

この辺の職人芸には惚れ惚れするものがあるよね。それはそうと「スクルド親衛隊」は「SKULD STALKERS」になるんか。一気に犯罪度が増すような気が(笑)

■印刷工場
from gomanga.com
http://www.gomanga.com/news/features_lh_003.php

ベルトコンベアは男のろーまーんー。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2007/09/13 13:19】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






<<Ren'Py | Top | ニュージーランドの性教育を扱うEROリポートに重大な過誤>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/297-b215fb00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。