Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






Brooktown High: Senior Year | 海外エロゲ・ノベルゲーム: Overseas visualnovels
縮小運営と言いつつも。

Gamespotの記事の、半分以上自分の為の訳。By me, for me. 慣れないキーボードは打ちにくい。

http://www.gamespot.com/psp/sim/brooktownhighsenioryear/review.html?sid=6171511
Brooktown High: Senior Year

5.6点 / 10点満点中

やることの少なさと、キャラクターの内面性の欠如という顕著な欠点が、高校生活を再体験する楽しみを損ねている。

長所:インディーロックをベースにした、意外に高水準なサウンドトラック。
短所:どのキャラクターも酷いステレオタイプ。すぐ尽きる会話のバリエーション。受動的な活動が多すぎる。長いローディング。

日本では、恋愛シミュレーションゲームで仮想恋愛を享受することは一定の地位を得ているものの、合衆国ではこのジャンルは今だ流行ったことはない。コナミがプレイステーションポータブルで発売するBrooktown Highは、この点において注目されてきた。

The Simsでシム人達が右往左往する様をこっそり眺める背徳的な快感と同様、高校生になりきって学生生活をおくるというコンセプトは十分惹かれるものがあるが、Brooktown Highのこのコンセプトは、洗練されていない時間管理、内容の薄さ、それに80年代の青少年コメディのようなステレオタイプなキャラクター像によって、不発のままに終わっている。

このゲームに出てくるのはかなり時代遅れの言い回しばかりで、最近の若者が使うようなgnarly(超すげえ)、tubular(イケてる)というような言葉が出てくることはない。
プレイヤーはオハイオから越してきた転校生として、体育会系、オタク、ガリ勉、それに不良の派閥が凌ぎを削るブルックタウン高校に入学することになる。はじめにキャラクターの性別を選んだあと、いくつかの性格診断テストによって初期能力値と小遣いの額が決まる。性別によって誰とデートできるか、誰と友情関係を持てるかが決定されるが、それ以外はどちらの性別を選んでもほぼ同じだ。あとは、簡単なキャラクター設定を行った後、非常に先の読みやすい展開の続く、ゲーム本編が始まる。

毎週月曜の朝、あなたは8時に起床する。ゲームの内容を理解するようになれば、すぐさま学校へ直行するようになるだろう。授業は8時半にならないと始まらないが、その間の貴重な30分はこのゲーム中で最も重要な社交時間になる。さあ、ブルックタウン高校の生徒全員(たった20人だけだが)が校舎内を歩き回っている。好きなキャラクターに話しかけて、選択肢付きの会話を始めよう。

あなたがここで喋ったこと、あるいはゲーム中の他の会話は、相手方キャラクターにどう思われるかに大きく影響する。誰かに嫌われることで得をすることはほとんどないので、会話ゲームはすぐに、相手がどんな話題を聞きたいと思っているか推測する作業に変わる。多くの場合、正解はそのキャラクターの所属する派閥で予測可能だ。正しい答えを選べば、プレイヤーの自信値と対外的な人気が上がる。会話を通じて、ときには電話番号などの個人情報や、デートのお誘いを得ることもある。

どのCPUキャラクターも自らの派閥に固執する一本槍ばかりなのは別としても、この会話パートの最悪なところは、すぐに同じ内容を繰り返すようになることだ。あなたは、最初の学年の初めから卒業するまで、まったく同じ会話を幾度となく繰り返すことになる。

学友のほうから頼みごとをしてくることもある。解決すれば追加の自信値と人気ボーナスを得ることができる。インターネットを使ったお使い、別の生徒の気持ちを確かめることなどから始まり(生徒は往々にしてお互いの好き嫌いが激しいが)、悪評を広めたり、醜聞ビデオをインターネット上に配布するなどの汚い依頼をされることもある。ちょっとおだてれば大概の不仲を回復することはできるが、既に信頼関係を築いた仲間を裏切るのは得策ではない。現実と同様に。

キャラクターのモーションに落ち着きがないのと、複数の生徒がしょっちゅう並んで立っているせいで、移動はちょっとした骨だ。目の前の人間に話そうとして、何度かトライし直さなければならない場面も出てくるだろう。また、誰か特定の人間と会話したいと思った場合、学内のどこにいるかは予想不可能だ。だが、8時半の始業ベルが鳴ったときは、その人物の事は忘れて教室へ猛ダッシュしたほうが身の為だ。ブルックタウン高校の校舎はサボりを感電死させる恐るべき自動モニターに監視されている。

この高校のカリキュラムは非常に独特だ。教科は体育、フランス語、美術、物理の4つしかない。もっと奇妙なことに、生徒はその週受けたい授業を自由に選択できる。選んだ教科はキャラクターの4つの能力、独創性、運動能力、知性、魅力のうちひとつを上昇させる。高い能力によって、どの相手から魅力的と受け止められるかが決まる。どの能力がどう学内派閥に影響を与えるかはかなり判りやすすぎるものの、全ての能力値を高く維持するのはもっと簡単なので問題にはならない。実際のところ、プレイヤーは授業中何も操作しなくてもいいという仕様は、もうちょっと何とかならなかったんだろうか。

金曜の午後活動も同様。アルバイトかクラブ活動を選択できる。バイトなら資金が増えるし、クラブ活動は能力値の向上に使える。だがここでも、行動を選択したあと、プレイヤーは何もする必要が無い。土曜日は自由時間だが、例によってそう多くの選択肢は無い。能力向上に努めるか、電話で学友と会話するか、上手くいけばデートの約束を取り付けるかだ。デートは校舎内の会話と大きく異なるものではない。上手く会話を運べば、帰り際のキスのご褒美がある。

就寝前にはまた、能力向上に繋がる3つのミニゲームが用意されている。「ブギートロン5000」は貧相なダンスダンスレボリューションだ。「21ニッカーズ」はコンピュータ相手の脱衣ブラックジャック、「早口言葉」は画面一杯にパクパクする2つの巨大な唇と、気に障るチュパ音が鳴り続ける苛立たしいキスゲームだ。これらのミニゲームは飽きが早い。その上見返りも僅かなので、もし効果を実感したいのであれば繰り返しプレイしなくてはならないだろう。

一週間は土曜の午後6時で終了し、また月曜の朝8時に戻る。週の移り変わりによる変化は、ウィンターフォーマル、スプリングフライング、そして舞踏会の、季節イベントの中にのみ表れる。これらは単に目先の違うデートイベントだ。毎週何も変わることはなく、そして特にやるべきこともなく、ブルックタウン高校はすぐに退屈極まりない場所になっていく。

また、このゲームはその退屈さを紛らわせるような、感動的な視覚的・聴覚的体験を提供するものでもない。現代的な学園風景をシンプルなグラフィックで再現することには成功しているが、登場するキャラクターのモデリングはどれもどこか似通っているし、片手で数えられるほど限られた場所を何度も行き来する必要がある。ときおり流れるまあまあの音声と、勿体無いほど素晴らしいサウンドトラック、それにThe Futureheads、The Velvet Teen、Dashboard Confessionalの楽曲が含まれているが、退屈な繰り返し作業はその長所を帳消しにしてしまう。付け加えると、肯定できないほど長いロード時間もだ。

あなたのキャラクターの学生生活が終了すると、最後に、今までの行動に準じた、その後の人生のサマリーが表示される。1ゲームのトータルプレイ時間は、根気のいる能力育成にどれだけ励むかによる。どちらにしろ、このゲームは複数回プレイして、異なる結末を見ることを前提に作られているように見えるが、2週遊ぼうという気にはおそらくならないだろう。やりこまなくても、Brooktown Highがそのぱっとしないカートゥーン調グラフィック同様、底が浅いことは十分わかる。

By Ryan Davis, GameSpot


けちょんけちょんですな。ときめきメモリアルに影響を受けたという話だったけど、やっぱりシムズもどきになったか。

ぶっちゃけやっていることはPS2のネギま!と近いようにも見えるけれど、あちらはゲームを通じた大目標を提示していることと、原作ありの強みを生かしてストーリーの妄想補完をしやすいことがモチベーション維持力の違いになっているのかな。

記事から判断する限りでは、発展的会話ツリーとUbiの資金力に物を言わせた滑らかアニメーションを持っていたSprungと違って、こちらは本当にイノベーティブな要素のない劣化コピーに見える。残念ながら。

スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2007/05/30 01:06】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






<<The Beautiful World : Kino no Tabi | Top | 腹上死のご連絡>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/252-536119d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。