Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






The Belgariad : Pawn of Prophecy | 洋書 : English books
ベルガリアード物語第1巻。

The Belgariad : Pawn of Prophecy


うーん。地味。

SFとかファンタジー小説って大別すると2種類あって、主人公のヒロイックな活躍を中心に据えたものと、緻密に構築された世界観を中心に据えたものに分けられるんだけど、1巻を読む限り、この小説はかなり後者寄りらしい。何せ、一冊を通じて主人公の活躍と言えば「立ち聞き」の一言で済んでしまうぐらい物語に対する干渉力が弱い。むしろ、同行しているPolおばさんの傍若無人ぶりが光る。主人公が何か質問すると「お前はそんな事知る必要がないのよ」とばっさり切捨て、主人公が隠し事をしていると魔法で心を操って無理やり白状させるという、自らの強権力を躊躇なく行使する素敵な御婦人。あんた鬼だ(笑)

日本のファンタジーはキャラクター重視の方向に振れまくって世界観がおざなりになりがちなんで、こういうのもたまに読みたくなる。でも、ここまでくどくどと風景描写を徹底されてしまうと、それはそれでちょっと退屈だったり。歴史とか文化風俗史が好きな人なら楽しめそうなんだけど、自分は社会の授業中寝まくった人間なので。ロードオブザリングの緻密な世界観がたまらない人はこの本も楽しめるんだろうな。そういう人がちと羨ましいよ。

Amazonのレビューを読むと、巻が進むにつれて面白さが加速していくみたい。楽しみ楽しみ。



自分の本は結構年季の入った奴で、向こう(オーストラリア)の人からebay経由で格安で譲ってもらいました。古い本は現在のと比べるとフォントが小さく詰まっていてやや読みづらい。とはいえ、20年近く前に印刷された本が人の手を渡って、本国とは遠く離れた異国の地で今読まれているっていうのはちょっとした浪漫だね。また、巻末の広告も時代を反映していて中々興味深い。

By the year 2000, 2 out of 3 Americans could be illiterate.

It's true. Today, 75 million adults ... about one American in three, can't read adequately. And by the year 2000, U.S. News & World Report envisions an America with a literacy rate of only 30%.
Before that America comes to be, you can stop it ... by joining the fight against illiteracy today. Call the Coalition for Literacy at toll-free 1-800-***-**** and volunteer.

2000年までに、3人に2人のアメリカ人が文盲になる可能性があります。

これは真実です。今日、3人のアメリカ人のうち1人、7500万人もの成人が文章を適切に読むことができません。そして国内のニュースやワールドリポートは、2000年に米国の識字率が30%になる可能性があることを指摘しています。米国がこのような状態になるまえに、あなたにはできることがあります。あなたの助力は文盲との戦いに有効です。
どうぞ文盲撲滅連合の電話番号1-800-***-****に連絡をください、そして私たちに力を貸してください。

この広告文が、小説よりもよっぽど現実味のないファンタジーみたいだと思ってしまうのは、自分が恵まれてる現代日本で育ったからなんだろうなあ。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2007/03/30 12:59】 | トラックバック(0) | コメント(2) top↑






<<エイプリルフール | Top | 英語漫画ロミオとジュリエット:内容ダイジェスト>>
コメント
うわああ! あの本と作者! 私ずっと昔から(14歳あたり?)好きだった!何回も読んだ!日本人の日記に見つけるとは思うなかった!

10年後に見ると、あの作者の本の世界と物語はとても新しいものではないが、面白いキャラクタがいっぱいです、主人公以外(^^;;
まあ、後で主人公がもっと頼もしくになります、本当に。PolやSilkやCe'Nedraがないと話がすごく地味な気がする。

今には Belgariad/Mallorean より Elenium/Tamuli の方が好きかも知れない。主人公が大人の騎士で、何も知らない子供ではないのせいかな?そして話のペースがもっと速いし、その本のわがまま女神がポイントです。

>By the year 2000, 2 out of 3 Americans could be illiterate.

あれが大げさですが、私個人に見るとアメリカには英語で普通(新聞のレベルくらい?)に書かないと読まない人が結構いる見たいです。多いでもないけど、少ないでもない、個人的にレベルの差が大きいだと言っても近い?

大学に最初行った時に、半分以上の一年生クラスメートが「あなたのレポートの字や字の使い方が難しすぎて、よくわからない」といいました。

(O__o)すごく驚いた!中学以来ずっとこのようなレポートを出してきて、先生が何も言いませんでしたから。高校の友達もそのような体験があった。そしてアメリカのいい学校と普通(?)の学校の違いを知りました。

そういっても、4年を経って勉強して、大学に卒業した人は出来る方と思う。
【2007/03/31 15:22】 URL | Agilis [ 編集] | page top↑

============================================================

いやー。オタク系のネット書店が強くお勧めしてたんで、気になって買っちゃいました。日本語版はアニメ表紙が強烈なので、全部読み終わるまではイメージが固まってしまいそうで怖くて見れない(笑)
http://www.mangaoh.co.jp/topic/belgariad.php


>大学に最初行った時に、半分以上の一年生クラスメートが「あなたのレポートの字や字の使い方が難しすぎて、よくわからない」といいました。

ああ、なるほど。そういう感じか。
英語圏に入っていると、うわー、って思う人もたまにいるけど、日本ではなかなか見ないぐらい頭がいい人にもときどき出くわすもんね。日本人は良くも悪くも平均的な気がする。下も少ないけど上も少ない。

日本語含めて数ヶ国語に堪能で、しかも医大生なんて、いったいどんな天才やねん!とか(笑) こっちは2ヶ国語だけで日々苦しんでいるというのに!(笑)
【2007/04/01 01:47】 URL | Nanatuha [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/211-efb0c57c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。