Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






Final Fantasy XII (3) | その他ゲーム: Other games
英語版FFXII、だんだんスルメゲームになってきました。勝手に相手を倒して勝手に回復してくれるAIのおかげで、頭を空っぽにして方向キーだけしか使わなくなってくるのは危険。実に危険。だらだらとプレイしていると止め時が見つからなくなってくる。楽しいというよりもむしろ脳内麻薬中毒症状。エンドレスで落ち物ゲームをやっているような非生産的な恍惚感に包まれてくる。

これはこれで、のめり込んでる状態って言えるんだろうな。なんかゲームに手玉に取られてるみたいで悔しいが、変な魅力は確かにあるのが困りもの。くそう参ったね。やみつきですよ。

現在レベル22。最後のパーティーメンバーのお姫様が入ってきて、彼女こそが物語をドライブする貴重なキャラクターだということが判明。なんだか知らんが王家の秘宝を手に入れるべく突っ走る姫君を、お供がなだめたりすかしたりしながら追従するの図。毎回思うんだけど、どうして王族は本人自ら危険の中に飛び込んでいこうとするんだろうね? それがお約束だから? そして一方の主人公、すごく、目立たない。

チキチキFFXIIキャラ立ちレース、現在の順位:

<↑存在感大>
Ashe がんばるお姫様。華のヒロインにしてわりと傲慢自己中心。
Basch 姫様に反目されつつも実直に任務をこなすダンディ親父。影の主役。
Balthier 自分から行動は起こさないが見せ場はちゃっかり掠め取っていく二枚目役。

Vaan 元主人公。アニメだったら終盤で死亡フラグが立って安いお涙を誘いそうな端役筆頭候補。
Penelo イチャイチャ要員。Vaanの幼馴染という一点だけが存在の拠り所。
Fran いつの間にかパーティーから消えていてもきっと誰にも気付かれない。
<↓空気>

上3人主役陣と、下3人脇役陣の間には歴然とした隔たりが。PeneloとFranの熾烈な脇役最下位争いも熱いが、Vaanも秘めたステルス素質を開花させていっきに独走する可能性もあり、今後の展開が見逃せないところだ。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2007/03/13 07:50】 | トラックバック(0) | コメント(2) top↑






<<冬は幻の鏡 | Top | Romeo and Juliet manga>>
コメント
お邪魔しますっ!

>頭を空っぽにして方向キーだけしか使わなくなってくるのは危険。実に危険

私、何度もぼーーーとして「え?!どうして画面が違う色になった?皆死んだ!?何??」の事件がありました…

> Fran いつの間にかパーティーから消えていてもきっと誰にも気付かれない。

お茶を飲んでいてこれを読んだと…キーボードが大変な事に…T_T
【2007/03/29 16:37】 URL | Agilis [ 編集] | page top↑

============================================================

い、いらっしゃいませっ!


自分の場合は、「村から出発する→迷走しながら敵と戦闘する→エリアラインを超える→何故か元の村に戻っている」がたまにある。

ぼーっとしてると戦っているうちに来た方向が分からなくなる。
【2007/03/29 21:59】 URL | Nanatuha [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/207-c384ff6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。