Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






Charlotte's Web | 洋書 : English books
邦題:シャーロットのおくりもの。

Charlotte's Web

Charlotte's Web

2006年に映画化された小説だけど、見事にビジュアルはまってるね。

ここのところ少し手応えのある小説を読んでいたので、息抜きにちょっと楽なやつを一冊選んでみました。いつものごとく内容を調べずに、可愛らしい少女の顔で表紙買い。わーい。可愛い子大好きー。ロリコンじゃないよう。眺めるのが好きなだけだよう。(←イエローカード発言)

だがしかし。購入した時は、この一見主要人物っぽい少女が物凄い勢いでフェードアウトしていくとは予想だにしなかった。

お嬢ちゃんの子ブタちゃんに対する愛情? 一人だけ動物の話が理解できる能力? 伏線を張っておいてなんですが、中盤以降、本筋に彼女の居場所はありません。見事なまでに。

このお話の真の主役は、グロい蜘蛛と自己中心の汚いブタのモストデンジャラスコンビ。またか。また表紙に騙されたのか俺。

いやほんと、前半かなりキワモノ小説。蜘蛛のCharlotteさんのお食事シーンなんか、蜘蛛の巣に引っかかった昆虫を糸で縛って絡め取って、ムシャリムシャリ。そんなのイラスト付きで克明に描写されても自分はどうすればいいんだ。子ブタちゃんは子ブタちゃんで残飯ミックスシロップ大好きっ子だし。胸がムカムカするシーンが続出するので、お食事前後の読書は当方お勧め致しかねます。

一方で、小さな蜘蛛が、いかに屠殺される運命の子ブタの命を救うかというアイデアは、なかなか奇抜で面白いし、なんだかんだでラストはちょっとほろっとくるのが小憎い。

あと、絵本みたいなイラストが数多く挿入されてるので、電車内で読むとちょっと恥ずかしかったぞっ。開き直って堂々と読んだけどっ。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2007/03/07 19:55】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






<<ユメミルクスリ/Yume Miru Kusuriのロリキャラは米国で大丈夫なの? | Top | タイ製 カリスマ主婦DSゲーム Housewife Superstar>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/204-8d3e2e8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。