Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






Final Fantasy XII | その他ゲーム: Other games
FFXII英語版はじめました。

FFXII

※注:日本から米国amazonのゲームソフトは買えません。

日本での発売当時、賛否両論あった様子の戦闘システム。実際にプレイしてみた感想は「あ、これSTARWARS: Knights of the Old Republicだわ」でした(笑)

街がむやみに広いのも含めて雰囲気がそっくりだ。それぞれ独自の進化を遂げていったD20システムとFFシステムの行き着く先がよく似た形というのは面白いねえ。

現在、序盤のsunstone入手のとこまで進行。ストーリーはベタっていうか唸るほどのものはまだないですな。敵方の将軍がわりとまっとうなことを演説しているのが印象に残ったぐらい。FFXのときも似たような奴がいなかったっけ。映像は文句の付けようが無いほど綺麗。

FFXといえば、マニュアルがモノクロでちょっと物寂しかったけど、今回は全面カラー印刷。ほんのり豪華気分。なにげにFFXとDQ8とこれを買ってしまっている自分はスクエニUSAの信者か何かか。

Vaanは剣と特技主体、Peneloは槍と白魔法主体に育ててみる予定。チェス板みたいなのを使ったこの成長システム、無茶苦茶できそうで、案外固定パターンにはまりそうな気が。スフィア板よりは自由がきくが、はてさて。

使われている英語はあいかわらず難度高い。高尚な気取った単語多いね。まあDQ8のヤンガスに比べればましだ。奴の方言はキツすぎて半分何言ってるのか理解できんかった。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2007/03/04 08:45】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






<<Final Fantasy XII (2) | Top | Redwall>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/200-fececa1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。