Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






幻のゲーム、"FOREVER LOVE"を追え! | 海外エロゲ・ノベルゲーム: Overseas visualnovels
オシナ・キルヤさんの方で、北米ノベルゲームの過去記事を取り上げて頂きました。ありがとうございます。
http://bdkiss.blog54.fc2.com/blog-entry-181.html

そこで取り上げられていた一本のゲームが、ちょっと気になる。

アメリカの友達から送られて来た1本のギャルゲー
”FOREVER LOVE”
俺は、そっとゲームを起動させた。

オープニングでキャラクター達が自己紹介を始める。
勿論、英語だ・・・俺には理解出来なかったが、どうやらハイスクールの
恋愛シミュレーションらしい。
キャラクターデザインは、とにかく濃い・・・そう、まさに恋。

(中略)

俺は、"DOWN TOWN"を選択した。
浅草の下町を連想していた俺の耳に、一発の銃声が響き渡る。
血飛沫の演出と共に画面は暗転。
俺は、生まれて初めてギャルゲーで射殺された。

何だそれ。面白そうじゃないか(笑)

手がかりは、
・タイトル"FOREVER LOVE"
・学園物
・3Dダンジョン
・銃殺
・ふきだし表示

あたりの情報である。はたしてこのゲームは一体? それ以前に、本当にギャルゲですか?(笑)

捜索班(班長兼、班員兼、荷物持ち兼、記録係兼、役立たず一名)は真相究明に走った。



LOVE FOREVER (LiLiM/当時はBunny Pro)

じつのところ、ほぼまんまのタイトルのエロゲーが存在します。

正直いうと自分もプレイしたことを忘れてたタイトルなんですが、オープニングで5時間かかる、という超大作ゲームだと聞いて思い出しました。……アレか……。最近の小粒多産LiLiMと全く逆行しているスタイルが面白いですね。自分からはそれ以上のことは言えません。言いたくてもなにも話覚えてません。

http://www.d3.dion.ne.jp/~p08/lf_01.html
http://nekosaba.pm.twin.ne.jp/game/2006/LoveForever/1.html (18禁注意)

しかし、これが英訳されたという話は聞いたことがないし、3Dダンジョンという特徴と一致しないし、なにより1発目のこれが正解だと面白みがない。よって却下である。

なんにしろ、日本のゲームの英訳であるならば、多少なりとも話題にのぼっていると思うんですよ。まったく聞いたことないもん。やはりブツは海外ゲームなのだろうか。



Leisure Suit Larry 2: Goes Looking for Love (in Several Wrong Places)
Leisure Suit Larry 7: Love for Sail! (Sierra On-Line)

http://www.abcgames.sk/?p=screenshoty_zobraz&ID=6212 (18禁注意)
http://www.abcgames.sk/?p=screenshoty_zobraz&ID=2371 (18禁注意)

これだろうか? 欧米のアダルト系ゲームとして有名なレジャースーツラリー。何作めか忘れたけど、Larryのおっちゃん撃たれる話もあったはずだし。キーボードで動かす画面移動を3Dダンジョンと称してもおかしくないような。
内容については深くは触れませんが、ウォーリーを探せならぬ、ディルドーを探せ、なるミニゲームがあったりする、まあようするにそういう代物です。後は察してください。

ふーむ、しかしもうひとつ決め手がないなあ。どうも名前で探すのは難しそうな気がしてきた。ちょっと頭を切り替えて、別の方向で攻めてみましょう。幸いにも大きな特徴、3Dダンジョンというのがあります。




Cute Knight ~ Kishi Kawaii (Hanako Games)

http://www.hanakogames.com/knight.shtml
英語・ギャルゲー・3Dダンジョンときて連想されるものは……。これかーっ!?
謎の表示"萌し"でごく狭範囲に物議をかもした育成形ギャルゲー。萌しってなんだ萌しって。

今回、検証作業のため体験版をプレイしてみて、初めて長年の疑問が解けました。
"sprout"のことが言いたかったのね。お兄さん気がつかなかったよ。
とはいえ、このゲームは件のゲームの特徴には合致しないようです。残念。

お詫び: 記事を書いた後に気がつきました。"きざし"を"萌し"と書くこともできるんですね。知りませんでした。



Knights of xentar (Megatech)
http://members.chello.at/theodor.lauppert/games/xentar.htm

この名前で呼ぶよりも、日本ではドラゴンナイト3と言ったほうが通りがいいでしょう。
英訳エロゲの中でもかなり古参に位置するタイトルです。時代性もあって、18禁版と15禁版の両方が発売されました。
しかしながら、もしこれが正解であるならば、エルフに向かって絵柄がいまいちとか言っちゃってるわけで。一昔前の絵柄とはいえ、仮にも一時代を築いた大御所に向かってその言い草は何事でしょうか。無礼な人ですね。もっと先人には敬意を持って、古臭いとかバタ臭いとか生きた化石とか言ってほしいものです。クックック、お前はよう、貶められれば貶められるほど喜ぶ体質なんだよ。遺作さんもそんな事言ってました。



ていうか、タイトル全然合ってないし。ドラナイ3は3Dダンジョンじゃないし。

もうだめだ。わからん。見当もつかん。
英語で、タイトルがFOREVER LOVEなんとかで、ギャルゲーで、3Dダンジョンで、銃殺される。本当にそんなゲーム存在すんのかー!?

……あれ?

その条件って、米国で年間ゲーム大賞GameOfTheYearを取った、あのタイトルに一致しね?


エキゾチックなインド美女
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20030305/nolf12.htm

着物を着た日本美女
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20030305/nolf27.htm

主人公もキツめの美女
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20030305/nolf34.htm



No One Lives Forever (MONOLITH)
http://www.noonelivesforever.com/
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20030305/nolf2.htm

捜索班の結論: もう調べるの飽きたし実は Live と Love を間違えていた。っていうオチでどうでしょう。



※学園物とかの条件を思いっきり無視してますので、たぶん正解ではないと思われます。正解と思われるゲームに心当たりのある物知りな方はぜひ教えてくださいませー。

※ I'm looking for information about a strange english language datingsim(?) game. According to ambiguous eyewitness the game is named Forever Love, and features high-school life, 3D dungeon, a black man sents heartmark, comic balloons, and the protagonist can be shot and killed. I appreciate you if you bring me information about the game.
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2006/12/26 08:40】 | トラックバック(0) | コメント(2) top↑






<<謹賀新年2007 & There's a Boy in the Girl's Bathroom | Top | お嬢さんよく聞けよー。個人輸入にゃ気をつけろー。>>
コメント
コメント失礼します。オシナ・キルヤ管理人のなしおです。
まさか、この様に捜索なさって下さるとは……!感動と驚きです!

本当、捜索お疲れ様です。
これだけ調べられて見つからないなら、
>実は Live と Love を間違えていた。っていうオチ
で十分です!本当に。

ご紹介なされていた"Kishi Kawaii"、私も体験版プレーしてみました。「萌し」には笑った。なんかプレーしてるとハマってくる、妙な味の良さがありますね。

【2006/12/27 21:45】 URL | なしお [ 編集] | page top↑

============================================================

いやー。役に立たない情報収集に躍起になるのはオタクの習性なので(笑)

上には上がいるので、ある日ひょっと正解を知ってる人が現れてくれるかもしれませんね。
【2006/12/27 23:30】 URL | Nanatuha [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/156-000fc53d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。