Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | top↑






The Squire's tale II : The Squire, His Knight, and His Lady | 洋書 : English books
The Squire, His Knight and His Lady


ツンデレ黄金律
-The theory of The Ultra Negation Disarms with Enthusiastic Lovey-dovey Emotion-


、 出会い頭の衝突はお約束。

喉は燃えるように熱く、胸はひとつ息をするたびに痛んだが、テレンスが足を緩めることはなかった。一人の女性を乗せた灰毛の雄馬に頭から突っ込むその瞬間まで。
慌てて馬を避けようとしたものの、馬の肩に手を引っかけて、勢いのまま地べたに転げてしまった。
「危ないわね! このキャベツ頭の唐変木! もし私の馬に傷でもつけたりしたら、その皮を剥いてやるわ!」テレンスは「すみません、マダム」と喘ぎながら、体勢を直して消えたウサギの姿を必死に追い求めた。
いない。
「ちゃんと私の目を見て話しなさい!」
言われるがまま指示に従って、テレンスは彼女が少女-あるいは16歳前後の-であることに気がついた。「一匹のウサギを……見ませんでしたか? ……この辺りで」
彼女は驚いたように答えた。「裸足でウサギを追っているというの? あなた馬鹿じゃないの!」
「お嬢さん!僕は急いでいるんです!見ましたか!?」
その少女はぽかんと口を開けつつも、北を指差した。テレンスは間をおかず身体を反転させて、再び駆けだした。「ちょっと、待ちなさいよ!ちょっと!」呼ぶ彼女を背後に残して。



、 べ、別にあなたの事好きなわけじゃないんだからねっ!

「大丈夫か? 怪我は?」
「ええ、おかげさまでね。ねえ、貴方いったい何を考えてるの? 弓矢で私の縄を切るなんて! 失敗したらどうするつもりだったのよ!!」
テレンスは胸を張って答えた。「しくじったことなんて一度もないよ」
「馬鹿! 考え無し! 唐変木! この空っぽ頭の最低男!」
彼女を睨みながら、彼は自分の中に怒りがこみ上げてくるのを感じた。でも何か言い返そうとしたその瞬間、アイリーンの瞳に反射する焚き木の煌きを見て、テレンスは彼女が泣いていることに気がついた。彼はためらいながら彼女の側に寄って、そこで手が止まった。
「ねえ?」彼女はしゃくりながら「そこでただ突っ立っているつもりなの?」テレンスは彼女を自分の胸に引き寄せ、そして強く抱きしめた。「……唐変木」くぐもった声でそう、彼女は呟いた。
「あー……。食われずにすんでなにより、かな」だしぬけにガウェインの声が響いて、二人ははじかれたように身を離した。



、 デレる。

テレンスの朝食を載せたトレイを運んできた召使は、彼が既に目覚めていることに驚いた様子だった。召使の去ったドアから軽いノックの音が聞こえてきて、テレンスは跳びはねるようにドアに向かった。期待通り、金の刺繍の入った緑のシルクのガウンを身につけたアイリーンの姿がそこにあった。彼女は微笑みながら言った。「一緒に朝食を食べない?」
「ああ、おいでよ」
彼女は部屋の中央まで来たのち、あたかも何かに抵抗するのを諦めたように、「今日の格好、似合ってるわ、テレンス」と言った。テレンスは「ありがとう」と軽く答え、何かを待っている様子の彼女の前で、ただにやにやと立っていた。
「この唐変木」アイリーンはクスクスと笑いながら、「もう、いいわよ。自分で言うわ。ねえ、今日の私、似合ってる?」
「似合ってる、じゃあないな。君はとても綺麗だよ。アイリーン」
アイリーンは硬直したように立ち尽くしたあと、ようやく「そういうのはフェアじゃないわ」、と返した。
「ごめんごめん。ハムは食べる?」テレンスは軽く頷きながら言った。


騎士ガウェインと緑の騎士の物語を中軸に据えた、アーサー王物語の傑作でマジお勧めなんだけど、円卓の騎士様を差し置いて従者テレンス(主役)とアイリーン嬢がいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃ輝きまくってる訳ですよ。もうね、おまいらステキすぎ。一生やってろと。エロゲーオタク視点でも普通の読者視点でも面白いです、この本。






The Squire, His Knight and His Lady


The Tundele Golden Rule
-The theory of The Ultra Negation Disarms with Enthusiastic Lovey-dovey Emotion-


First. A conflict in encounter is customs.

His throat began to burn, and his chest ached with every breath, but he didn't slow down until he ran headlong into a large grey stallion with a woman on its back.
Terence tried to dodge, but he still hit the horse a glancing blow on its shoulder and sprawled in the dirt.
"You idiot! You cabbage-headed domnoddy! If you've hurt my horse, I'll have your skin!" the rider shouted thirilly.
Terence scrambled to his feet, wheezing, and managed to mutter, "Beg pardon ma'am," between gasps, and looked frantically around for the rabbit. It was gone.
"Look at me, boy!" the rider demanded.
Terence obeyed and saw that she was only a girl, maybe sixteen. "Have you ... seen a rabbit .. go by here?"
She stared. "Are you chasing a rabbit on foot? How stupid!"
"Hurry, girl! Did you see it?" Terence damanded impatiently.
Her mouth dropped open, and with a stunned look on her face, she pointed north. Terence wasted no more time but wheeled and started running again. Behind him the girl shouted, "Hey! Stop there, you boy!"



Second. I-I don't like you! It's not something like that AT ALL!

"Are you hurt?" Terence asked.
"No, but no thanks to you," she snapped, wheeling to face him. "What sort of imbecilic notion was that? Cutting bonds with an allow! What if you had missed?"
Terence sniffed loftily. "Never occurred to me."
"Idiot! Moron! Domnoddy! Leatherskulled block!"
Terence glared at her with growing anger. He started to retort but at the last second saw how brightly the fire glinted in Eileen's eyes and realized she was crying. He made a hesitant move toward her, then stopped.
"Well?" she sobbed. "Are you just going to stand there?" Terence pulled her to his chest, and held her tightly. "Domnoddy," she said in a muffled voice.
"Huh. Better off being eaten, I'd say," came Gawain's voice. Terence and Eileen parted quickly.



Third. Fall in love.

A servent brought in his breakfast tray and looked surprised to see him awake. A light tap came from the door, and Terence leaped across the room to open it. As he had hoped, it was Eileen, bueautiful in a long gown of green silk with gold embroidery.
She smiled. "Do you still want to share your breakfast with me?"
He grinned. "Come along."
She stepped to the centre of the room and stopped. Then, with the resigned air of one who is prompting an imbecile, she said, "You look nice today, Terence."
"Thank you," Terence replied. She waited, but he only grinned.
"Domnoddy," Eileen said, chuckling. "All right, I'll say it. Do I look nice today?"
"No, not nice. You're beautiful, Eileen."
Eileen stood motionless. At last she said breathlessly, "That's not playing fair, Terence."
Terence nodded. "Sorry. How about a slice of ham?"


Although this is a great tale based on the story of Knight Gawain and Green Knight of Arthurian legends,

Squire Terence (protagonist) and Lady Eileen talk their love endlessly and brightly and endlessly and brightly and endlessly and brightly, setting aside the Sir Knights of the Round. Come on, you two are wonderful, do it all your life. Either way by eroge maniac's perspective or by common leader's perspective this book was fun.
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2006/11/28 00:59】 | トラックバック(0) | コメント(0) top↑






<<子供のおもちゃ : A children's toy | Top | Al|together 2006 翻訳ゲームリリース>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dekadenbiyori.blog40.fc2.com/tb.php/135-89ccccca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。